推理の女王

韓国ドラマ・推理の女王-あらすじと感想!最終回まで(13話~15話)


日本で大人気のクォン・サンウが熱血刑事役で話題の作品!

熱血刑事で肉体派と、推理マニア主婦の頭脳派が手を組み事件を解決!
名コンビが繰り広げるラブコメディ!

「推理の女王」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「推理の女王」(13話~15話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

推理の女王の相関図・キャスト情報はこちら

★推理の女王-あらすじ13話

ソルオクとワンスンの活躍で、テープ連続殺人犯を捕まえた。
ソンハはようやく事件を終わらせたのだ。

 

「平和憩いの場」で殺虫剤混入ドリンク事件が発生する。
被害者は総務コ女史だった。

 

一方ソルオクは、結婚記念日の準備でウキウキしていた。
しかし、ホチョルは違う女性に、150万ウォンの服をプレゼントして、サービスでもらった日傘をソルオクに送った。

 

同じ頃、連続殺人の解決に力になったソルオクの記事が新聞に載る。
それを知った姑は、ソルオクに二度と会いたくないと怒っていた。

 

しかし、殺虫剤ドリンク事件の容疑者として、ワンスンたちは姑を連れて行くのだった。
ホスンとソルオクは、憩いの場のみんなと話をして、少しずつ状況を把握する…。

★推理の女王-あらすじ14話

ソルオクは、殺虫剤混入ドリンク事件を見事に解決し、姑を助けた。

 

一方、ジウォンからソルオクの父の事件報告書を、手渡されたワンスン。
17年前、ヒョンスを殺した犯人がソルオクの父だと知る。

 

ソルオクは。日傘修理を行ってサービス品だと分ってがっかりする。
ソルオクの行動が気になったホチョルは、宅配業者のミスを言い訳にし、150万ウォンの服をソルオクにプレゼントした。

 

ホチョルの部屋を掃除していたソルオクは「夫婦同伴招待状」を見つけ、プレゼントされた服を着て会場に向かったのだ。

 

そこで、ホチョルと隣の自分と同じ服の女性を目撃したソルオク。
パニックを起こし、慌てて外に出たソルオクに、ワンスンは自分のジャケットをかけてあげた。

 

一方、ドジャンはワンスンに二人っきりであったら全て話すと、殺されたくないと話す。
ドジャンの指定した場所に着いたワンスン。

 

しかし、ドジャンはすでに亡くなっていた。
そこに警察が現れ、ワンスンを殺人容疑で逮捕するというのだが…

 

★推理の女王-あらすじ15話

ドジャンの死、そこにいたワンスンをドジャンの殺人現行犯で、逮捕しようとするコ刑事。
コ刑事は、誰かにワンスンの逃走を報告する。

 

謎の相手はワンスンの父、ハ代表に電話で警告をする。

 

ソルオクにソルオク父の事件報告書を手渡し、ソルオクは父の遺書じゃないことを確認する。
ソルオクとワンスンはコ刑事を疑っていた。

 

しかし、コ刑事はワンスンを逮捕してしまう。
ソルオクは、ワンスンの無実を証明してあげると約束する。

 

ドジャンの殺害現場を、プロファイルするソルオク。
そこにソンハも現れ、二人はコ刑事を犯人だと判断する。

 

コ刑事の証拠品を確保したソンハだったが…
ソルオクが拉致され、ワンスンにハ&チョンの言うとおりしないと、ソルオクが危険だと知らせる。

 

ワンスンとソンハは、一芝居を打って脱出に成功。

 

ソルオクは機知を発揮して逃げ出したが、追いかけてきたコ刑事の拳銃に撃たれた!
ワンスンは倒れるソルオクを目の当たりにして…!

★推理の女王-13話~15話の感想

姑はいつも嫌な人だと思っていたのに、本当にソルオクを心配していたんだ。
しかし、夫のホチョルの愛人疑惑!

 

出世のためなら許されるとでも思っているのかしら!
やっぱり嫌な人だなぁ(>_<)

 

早く離婚して、ワンスンといい感じに結婚してくれないかな(笑)

 

ワンスンの過去の事件と、ソルオクの両親の事件はつながっていたね!
もっと大きな何かがある感じがする!

★推理の女王-次回のあらすじ

ワンスンは、撃たれたソルオクを抱いて病院に…。
そして、ワンスンは意識の無いソルオクに「過去は忘れよう。」と行って出て行き…

推理の女王のあらすじ(16話最終回)はこちら

推理の女王-全話一覧

推理の女王-あらすじ全話一覧はこちら