椿咲く頃

韓ドラ・椿咲く頃(13話~15話)のあらすじ感想【新たな落書き】

コン・ヒョジン&カン・ハヌルが初共演!

「愛があれば何でもできる!」と信じる警官ヨンシクと周囲からの偏見に心を閉ざしてしまったシングルマザー、ドンベクが繰り広げる心弾むロマンス♡

「椿咲く頃」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

今回は、「椿咲く頃」(13~15話)のあらすじと感想を 紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

椿咲く頃-前回までのあらすじと感想

ジャヨンから店の立ち退きを迫られるドンベク。

一方、ヨンシクはドンベクが過去に起こった殺人事件と関わりがあったことを知って衝撃を受けるのだった。

そんな中、ドンベクの前に幼い頃に自分を捨てた母親が現れ…

ゆきママ
ゆきママ
ドンベクの母親が現れたことは、この先のストーリーにどんな影響があるんだろう…?!そして、ちょっといい雰囲気になったドンベクとヨンシク♡今後の展開が気になるー(^^♪

椿咲く頃-あらすじ13話

恋は炎のように燃え上がるものだというヨンシク。

しかしドンベクは、炎のような恋はもう経験したことがあるから嫌だと言い、そういう恋がしたいなら自分ではなく他の相手としてほしいとヨンシクに告げる。

一瞬落ち込むヨンシクだが、ゆっくりと燃え続ける関係なら良いというドンベクの言葉に涙が出るほどの喜びを感じるのだった。

そんな中、住人たちに事件の聞き込み調査をしていたヨンシクはある情報を掴むのだが…

ゆきママ
ゆきママ
おばちゃんたちの噂話ではあるけど、犯人はギュテではないかという気になる話が!!ギュテも確かに怪しいけど真犯人は別にいる気がする…

椿咲く頃-あらすじ14話

カメリアに防犯カメラを取り付けるヨンシク。
しかし、そこにいたジョンリョルと衝突してしまい、さらにドンベクを巡って2人は激しい言い争いになってしまう。

その後、ドンベクと買い物に出掛けることになったヨンシク。
ヨンシクはドンベクに自分をさりげなくアピールし、ドンベクもまた毎日ときめきを感じると話し、ヨンシクの思いを少しずつ受け入れようとしていた。

そんな中、カメリアの壁に新たな落書きが発見され…

ゆきママ
ゆきママ
友達以上恋人未満といった感じのヨンシクとドンベク♡これまで頑なにヨンシクの気持ちをはね返していたドンベクにもだいぶ変化が!それなのにまた新たな落書きが…怖いわー(*_*)

 

椿咲く頃-あらすじ15話

落書きを残した人物が映っていないかと防犯カメラの映像を確かめるヨンシク。
しかし、そこに犯人の姿はなく…

ヨンシクは犯人は防犯カメラが設置されていることを知っている人物だと推測する。

さらに防犯カメラを設置した日のことを思い返したヨンシクは、その日出会った人々を一人ずつ書き出すが、すべて顔見知りの人物であることに気づき驚愕してしまう。

怯えるドンベクはヨンシクの前では気丈に振る舞うが、オンサンから引っ越すことを考え始め…

ゆきママ
ゆきママ
やはり犯人は身近な人物?!オンサンの住人の中にいる可能性が高そう…もうみんな怪しく思えてきちゃう(*_*;

椿咲く頃-13話~15話の感想

せっかく取り付けた防犯カメラの効果も虚しく…
またしても犯人から脅迫を受けることになってしまったドンベク(*_*)

姿を現さずに落書きだけ残して行くところが不気味で怖すぎー((+_+))

ピョン所長はドンベクの母ジョンスクをちょっと疑っていたみたいだけど、確かに子供の頃に捨てたドンベクの前に今になって現れた理由が気になる…

ジョンスクが何か鍵を握っている可能性もありそう!!

椿咲く頃-全話一覧

椿の花が咲く頃(椿咲く頃)のあらすじ感想全話一覧